‘未分類’ カテゴリー

地震保険と火災保険はセット

損害保険とは、自然災害や火災・自動車事故や海難事故など偶然に起きた事故による損害を補償するための保険を指します。

損害保険会社が取り扱っており、大別すると自動車保険・火災保険といった「ノンマリン分野」と貨物保険・船舶保険などの

「マリン分野」に分けられます。火災における火災保険、地震の損害に備える地震保険、自動車の事故には自動車保険といった

、それぞれのリスクに合わせた保険が用意されています。

なお、地震保険は単体で加入することは出来ず、火災保険とセットで契約します。

火災保険に加入していれば、途中から地震保険を付けることも出来ます。

保険の種類として、生命保険・損害保険が有名です。両者の違いは、

生命保険は人の生死に対する保険であり入院や死亡などの際に一定額の保険金を支払うのに対し、

損害保険は物や財産に対しての保険であり、突然の事故による損害を補うものです。

また同じ「ほしょう」でも、生命保険は「保証」、損害保険は「補償」と表します。

それぞれの目的が違うからで、保証は最低限の生活を守るための金銭の受給、

補償は第三者に与えた損害に金銭で補うことを意味します。最大の違いは、

生命保険は誰でも入れるわけではないのに比べ、損害保険は誰でも加入できるという点です。

なお災害時、保険証券のような大事なものを紛失してしまった場合は名前と生年月日、

保険証券番号が一致すれば本人確認が出来るので、万が一に備えて証券番号を控えておくことが肝心です。

保険に加入する方法

損害保険は紀元前300年ころに始まったと言われています。

もとは海上での海賊や嵐による損害を補填するためのものでしたが、

14世紀に「冒険貸借」という船の積荷を担保にイタリア商人が資金を貸出したことが海上保険のルーツとなりました。

17世紀にイギリスで起きた大火により出来た火災保険に続き、19世紀アメリカの鉄道開通による鉄道傷害保険、

そして時代とともに普及が広まった自動車のための自動車保険が生まれました。

日本では三菱グループ創始者である岩崎弥太郎氏が損害保険会社を設立しました。

当時は海上保険・火災保険のどちらかで、今のように色々な種類の保険は扱っていませんでした。

近年における損害保険とは、日常生活の中で万が一リスクに面した時の経済的損失に備えるための手段である

「リスクファイナンス」の代表的な手段であり、偶発的な事故による損害に備えるものです。

主に自動車保険が挙げられますが、火災保険等も含めた「ノンマリン分野」、貨物保険や船舶保険などの

「マリン」分野に分かれています。日常生活において起こりうる突発的な災害や事故は主に

火災や地震・水害、自動車事故や怪我、賠償責任等があり、それぞれのリスクをカバーするものとして火災保険・

地震保険・自動車保険・普通傷害保険・個人賠償責任保険などといった種類があります。

保険に加入する方法として主に代理店やディーラーを通す場合と保険中立人を通す場合、保険会社の社員からの場合があります。

損害保険の基礎知識

損害保険とはどの様な保険でしょうか?損害保険についての基礎知識について説明したいと思います。

日々の生活の中に潜む危険は様々存在します。日常生活を送るなかで意外なところにさまざまに現れます。

自分の身を守ってくれるものは自分でもあります。

備えあれば憂いなしではないですが損害保険を考えるにはもっとも適した言葉だと思います。

例えば自分の身の回りにはどの様な危険があって、そのうちのどの危険から身を守りたいか、

どの様な補償が必要なのかを考えなければいけません。

病気・死亡・介護・盗難・交通事故・災害など、考えただけでもかなりのリスクがこの世の中には存在します。

そこで損害保険とは、この身の回りのリスクに対して備える為の保険とも言えます。

損害保険とは、偶然な事故(自然災害・火災・自動車事故・海難事故などなど)により損害が発生した際に補償する保険です。

火災保険や特に日本は地震国ですので地震保険とかもあります。

自動車保険はもちろん、それにもとずく自動車事故で起きた個人賠償責任保険や普通傷害保険などもです。

一般に損害保険の加入方法は、損害保険代理店だけでなくディーラーなどを利用して加入する、

新聞または広告やインターネットでも保険の広告が宣伝していますので、

どれが自分に適しているかを相談しながら加入するのが一般的です。自分の身を守るのは色々な方法がありますが

損害保険もそのひとつではないでしょうか?損害保険の基礎知識としては以上になります。

おおまかの4つの分野

損害保険は、損害保険会社が扱っている保険商品の総称で、よく損保と略して呼ばれることもあります。

偶然な事故によって起きてしまった損害の補償をしてくれるのがこの損害保険であり、これを目的としています。

偶然な事故というのは、例えば、風水害などの自然災害や、自動車の事故などによる損害です。

保険会社が、それぞれ予想する損害率に応じて、損害保険料が定められています。

損害保険は、おおまかに4つ分類すると、物保険、人保険、賠償責任保険、その他の保険に分けられます。

物保険は、物を対象につけられる保険で、例えば、住居など建物を対象の火災保険や、

自動車対象の自動車保険の車両保険、海外旅行に行く時に入る、海外旅行障害保険は、鞄を盗まれた時の物損害などがあります。

人保険は、対象は、人ですから、傷害保険や、医療保険、介護費用保険、自動車保険の搭乗者傷害保険などあります。

賠償責任保険は、自分本人ではなくて、第三者に損害賠償する保険であって、対人賠償と対物賠償というのがあります。

その他の保険としては、海外旅行傷害保険の中の、救援者費用の保険であったり、自分の店が火事にあった時の休業保険や、

ゴルファー保険のホールインワン費用の保険などたくさんの種類があります。

このように損害保険と呼ばれるものは、きりがないほどあり、その数も数百種類あります。

自分の日常生活の中に考えられるリスクを考え、車や家を買った、ペットを飼った、高価なものを買った、

自転車事故などの心配と、普段の生活に変化があった時には、このような損害保険が必要かどうか考える必要がでてくる

でしょう。

等級据え置き事故

損害保険とは、自分の生活において何らかの災害が起きたときに補償してくれる保険のことを言います。

いろいろな種類の損害保険がありますが、ここでは「自動車保険」ついて説明します。

「自動車保険」とは、自動車での事故や怪我、また自動車の破損に備えるために加入し、

何かのときには保険金を補償してもらう損害保険のことを言います。

2012年10月1日以降の契約より、「等級すえおき事故」の廃止という大きな改定が行われました。

これによりすべて「1等級ダウン事故」として取り上げる保険会社が出てきました。

「1等級ダウン事故」とは、火災・盗難・いたずらや台風・洪水等自然がもたらすものでの事故を指します。

自分の責任ではないのに等級が下がります。その上、保険料までUPしてしまうのです。

ですから、今まで以上に保険会社を選ぶ際は慎重さが必要です。

自動車保険は大きく分けると2種類あります。

1つは「自賠責保険」、別名強制保険とも言います。

自賠責保険は、車やバイクを所有する方は、法律により加入する事を必要とすると決められている事です。

もう1つは、「任意保険」です。急な事故でも焦らぬように加入します。

こちらは強制ではありません。自賠責保険は、交通事故を起こした時、その相手にしか補償がされません。

つまり、交通事故によって自分が怪我をしたときの治療費や車が破損したときの修理代は一切補償されないのです。

事故後の自分の生活を考えるのであれば、やはり任意保険に加入しておいたほうが賢明でしょう。

自動車保険

損害保険とは、自分の生活において何らかの災害が起きたときに補償してくれる保険のことを言います。

いろいろな種類の損害保険がありますが、ここでは「自動車保険」ついて説明します。

「自動車保険」とは、自動車での事故や怪我、また自動車の破損に備えるために加入し、

何かのときには保険金を補償してもらう損害保険のことを言います。2012年10月1日以降の契約より、

「等級すえおき事故」の廃止という大きな改定が行われました。

これによりすべて「1等級ダウン事故」として取り上げる保険会社が出てきました。

「1等級ダウン事故」とは、火災・盗難・いたずらや台風・洪水等自然がもたらすものでの事故を指します。

自分の責任ではないのに等級が下がります。その上、保険料までUPしてしまうのです。

ですから、今まで以上に保険会社を選ぶ際は慎重さが必要です。自動車保険は大きく分けると2種類あります。

1つは「自賠責保険」、別名強制保険とも言います。

自賠責保険は、車やバイクを所有する方は、法律により加入する事を必要とすると決められている事です。

もう1つは、「任意保険」です。急な事故でも焦らぬように加入します。こちらは強制ではありません。

自賠責保険は、交通事故を起こした時、その相手にしか補償がされません。

つまり、交通事故によって自分が怪我をしたときの治療費や車が破損したときの修理代は一切補償されないのです。

事故後の自分の生活を考えるのであれば、やはり任意保険に加入しておいたほうが賢明でしょう。

外国損害保険協会に加盟

損害保険の基本は偶然起こってしまった事故、自然災害や自動車事故などによって生じてしまった損害に対しての金銭の補償を

行ってくれる保険のことをいいます。これは全て損害保険会社で取り扱っていて販売、契約を行っています。

日本ではいくつか損害保険会社が存在します。有名な会社では東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン、

日本興亜損害保険、あいおいニッセイ同和損害保険、三井住友海上火災保険等、これらの会社はすべて日本損害保険協会に

加盟している損害保険会社です。最近では外国損害保険協会に加盟している損害保険も増えてきました。

万が一に備えた保険が必要ではあるものの、一生のうちで家の次に高い買い物といわれるのが保険料でもあり、

家計においては大変重要な部分を占めています。

しかしながら日常生活を送っていて、いつ突然何か避けきれない事故や災害に巻き込まれるかわからないのが現状です。

そういった万が一に備え加入するのです。損害保険の加入方法ですが、色々な種類があります。

まず損害保険会社の代理店を通しての加入、そして損害保険会社の社員を通しての加入、

他にもテレビでコマーシャルも頻繁にしていますし、インターネットによる販売もされております。

その人その人に合った保険をそれぞれに合ったやり方で考え、加入することができるのです。

そしてこの損害保険の保険料というのは損害保険料率算出機構と呼ばれる団体が損害保険料率算出団体に関する

法律に基づいて提供しています。

保険会社が予想する損害率

損害保険というのは損害保険会社が取り扱っている保険商品の総称です。

一般的には損保と省略して呼ばれることが多いです。

風水害などの自然災害や自動車の事故など、偶然起こった事故により生じた損害を補償することを目的としており、

その損害保険会社が予想する損害率によって損害保険料が定められています。損害保険というのはおおきく2つに別れていて、

「ノンマリン分野」「マリン分野」という種類があります。

ノンマリン分野というのはさらに火災保険、自動車保険、傷害保険、所得補償保険、医療費用保険、介護費用保険、

賠償責任保険といった風に分けられています。そしてマリン分野というのは海上保険を指します。

われわれが生活していて触れる機会のある損害保険はノンマリン分野の方が圧倒的に多いです。

自動車を運転する人は自動車保険に加入していますが、その中でも自賠責保険というのは加入の義務があるからです。

さらに家にも万が一に備え保険に加入している人は多いです。

2011年3月の東日本大震災をきっかけに地震保険の見直しをされた人も多いのです。

ただこの地震保険は単独の加入はできず、住宅火災保険などと併せて加入することが条件になっています。

他にも海外旅行など長期間の旅行を計画しているのであれば旅行傷害保険などの見直しをすることも大切です。

日本では全ての損害保険に保険業法を根拠としています。金融庁によって監督されており、

個人にも法人にも多種多様な取り扱い商品があり販売されています。

日常の中に潜む危険

損害保険とはどの様な保険でしょうか?損害保険についての基礎知識について説明したいと思います。

日々の生活の中に潜む危険は様々存在します。日常生活を送るなかで意外なところにさまざまに現れます。

自分の身を守ってくれるものは自分でもあります。

備えあれば憂いなしではないですが損害保険を考えるにはもっとも適した言葉だと思います。

例えば自分の身の回りにはどの様な危険があって、そのうちのどの危険から身を守りたいか、

どの様な補償が必要なのかを考えなければいけません。

病気・死亡・介護・盗難・交通事故・災害など、考えただけでもかなりのリスクがこの世の中には存在します。

そこで損害保険とは、この身の回りのリスクに対して備える為の保険とも言えます。

損害保険とは、偶然な事故(自然災害・火災・自動車事故・海難事故などなど)により損害が発生した際に補償する保険です。

火災保険や特に日本は地震国ですので地震保険とかもあります、自動車保険はもちろん、

それにもとずく自動車事故で起きた個人賠償責任保険や普通傷害保険などもです。

一般に損害保険の加入方法は、損害保険代理店だけでなくディーラーなどを利用して加入する、

新聞または広告やインターネットでも保険の広告が宣伝していますので、

どれが自分に適しているかを相談しながら加入するのが一般的です。

自分の身を守るのは色々な方法がありますが損害保険もそのひとつではないでしょうか?

損害保険の基礎知識としては以上になります。

海05