外国損害保険協会に加盟

損害保険の基本は偶然起こってしまった事故、自然災害や自動車事故などによって生じてしまった損害に対しての金銭の補償を

行ってくれる保険のことをいいます。これは全て損害保険会社で取り扱っていて販売、契約を行っています。

日本ではいくつか損害保険会社が存在します。有名な会社では東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン、

日本興亜損害保険、あいおいニッセイ同和損害保険、三井住友海上火災保険等、これらの会社はすべて日本損害保険協会に

加盟している損害保険会社です。最近では外国損害保険協会に加盟している損害保険も増えてきました。

万が一に備えた保険が必要ではあるものの、一生のうちで家の次に高い買い物といわれるのが保険料でもあり、

家計においては大変重要な部分を占めています。

しかしながら日常生活を送っていて、いつ突然何か避けきれない事故や災害に巻き込まれるかわからないのが現状です。

そういった万が一に備え加入するのです。損害保険の加入方法ですが、色々な種類があります。

まず損害保険会社の代理店を通しての加入、そして損害保険会社の社員を通しての加入、

他にもテレビでコマーシャルも頻繁にしていますし、インターネットによる販売もされております。

その人その人に合った保険をそれぞれに合ったやり方で考え、加入することができるのです。

そしてこの損害保険の保険料というのは損害保険料率算出機構と呼ばれる団体が損害保険料率算出団体に関する

法律に基づいて提供しています。