自然災害によるリスクを補償

損害保険は、私たちが生活をしていく中で予想できない水害などの自然災害によるリスクを補償するもので、

ここぞという時に加入したおいたほうが良い保険です。

なぜ損害保険が必要になるかというと、リスクの発生が予測できないものが多いためです。

昨今の温暖化なぢによる異常気象によって、災害発生の予測は年々難しくなっています。

偶発的な事故や、風の被害・水の被害などの見込みがつけれない自然災害などは様々なものがあります。

色々な保険がありますが、保険の中でもこのようにたたまたまのリスクによって起きた損害などを補償することを

軸につくられた保険のことを、損害保険といいます。

この損害保険にも様々な考えのものがあり、自動車保険、火災保険、地震保険、傷害保険などがあります。

これら損害保険会社が取扱っている保険を総合したものが損害保険と呼ばれています。

この損害という保険の特徴は、いくら大きなお金を投資し損害保険の契約したとしても、

損害を受けなければ1円ももらえずまた、被害の額を超えてもらうことが出来ないと言うことです。

また、損害の額や過失などによって、損害保険の保険金の補償額が変わるという、

「実損払方式」というシステムになっています。決まった一定額の保険金が補償される生命保険とは

大きく内容の違ったものが損害保険です。特に、水害などの被害を受けやすい場所に住んでいる方々は、

損害保険に加入したほうがいいといえるでしょう。

このように、きちんとリスクに対応できる保険に加入して備えておくこと重要であるといえます。