自動車保険

損害保険とは、自分の生活において何らかの災害が起きたときに補償してくれる保険のことを言います。

いろいろな種類の損害保険がありますが、ここでは「自動車保険」ついて説明します。

「自動車保険」とは、自動車での事故や怪我、また自動車の破損に備えるために加入し、

何かのときには保険金を補償してもらう損害保険のことを言います。2012年10月1日以降の契約より、

「等級すえおき事故」の廃止という大きな改定が行われました。

これによりすべて「1等級ダウン事故」として取り上げる保険会社が出てきました。

「1等級ダウン事故」とは、火災・盗難・いたずらや台風・洪水等自然がもたらすものでの事故を指します。

自分の責任ではないのに等級が下がります。その上、保険料までUPしてしまうのです。

ですから、今まで以上に保険会社を選ぶ際は慎重さが必要です。自動車保険は大きく分けると2種類あります。

1つは「自賠責保険」、別名強制保険とも言います。

自賠責保険は、車やバイクを所有する方は、法律により加入する事を必要とすると決められている事です。

もう1つは、「任意保険」です。急な事故でも焦らぬように加入します。こちらは強制ではありません。

自賠責保険は、交通事故を起こした時、その相手にしか補償がされません。

つまり、交通事故によって自分が怪我をしたときの治療費や車が破損したときの修理代は一切補償されないのです。

事故後の自分の生活を考えるのであれば、やはり任意保険に加入しておいたほうが賢明でしょう。