保険に加入する方法

損害保険は紀元前300年ころに始まったと言われています。

もとは海上での海賊や嵐による損害を補填するためのものでしたが、

14世紀に「冒険貸借」という船の積荷を担保にイタリア商人が資金を貸出したことが海上保険のルーツとなりました。

17世紀にイギリスで起きた大火により出来た火災保険に続き、19世紀アメリカの鉄道開通による鉄道傷害保険、

そして時代とともに普及が広まった自動車のための自動車保険が生まれました。

日本では三菱グループ創始者である岩崎弥太郎氏が損害保険会社を設立しました。

当時は海上保険・火災保険のどちらかで、今のように色々な種類の保険は扱っていませんでした。

近年における損害保険とは、日常生活の中で万が一リスクに面した時の経済的損失に備えるための手段である

「リスクファイナンス」の代表的な手段であり、偶発的な事故による損害に備えるものです。

主に自動車保険が挙げられますが、火災保険等も含めた「ノンマリン分野」、貨物保険や船舶保険などの

「マリン」分野に分かれています。日常生活において起こりうる突発的な災害や事故は主に

火災や地震・水害、自動車事故や怪我、賠償責任等があり、それぞれのリスクをカバーするものとして火災保険・

地震保険・自動車保険・普通傷害保険・個人賠償責任保険などといった種類があります。

保険に加入する方法として主に代理店やディーラーを通す場合と保険中立人を通す場合、保険会社の社員からの場合があります。