おおまかの4つの分野

損害保険は、損害保険会社が扱っている保険商品の総称で、よく損保と略して呼ばれることもあります。

偶然な事故によって起きてしまった損害の補償をしてくれるのがこの損害保険であり、これを目的としています。

偶然な事故というのは、例えば、風水害などの自然災害や、自動車の事故などによる損害です。

保険会社が、それぞれ予想する損害率に応じて、損害保険料が定められています。

損害保険は、おおまかに4つ分類すると、物保険、人保険、賠償責任保険、その他の保険に分けられます。

物保険は、物を対象につけられる保険で、例えば、住居など建物を対象の火災保険や、

自動車対象の自動車保険の車両保険、海外旅行に行く時に入る、海外旅行障害保険は、鞄を盗まれた時の物損害などがあります。

人保険は、対象は、人ですから、傷害保険や、医療保険、介護費用保険、自動車保険の搭乗者傷害保険などあります。

賠償責任保険は、自分本人ではなくて、第三者に損害賠償する保険であって、対人賠償と対物賠償というのがあります。

その他の保険としては、海外旅行傷害保険の中の、救援者費用の保険であったり、自分の店が火事にあった時の休業保険や、

ゴルファー保険のホールインワン費用の保険などたくさんの種類があります。

このように損害保険と呼ばれるものは、きりがないほどあり、その数も数百種類あります。

自分の日常生活の中に考えられるリスクを考え、車や家を買った、ペットを飼った、高価なものを買った、

自転車事故などの心配と、普段の生活に変化があった時には、このような損害保険が必要かどうか考える必要がでてくる

でしょう。