損害保険の基礎知識

損害保険とはどの様な保険でしょうか?損害保険についての基礎知識について説明したいと思います。

日々の生活の中に潜む危険は様々存在します。日常生活を送るなかで意外なところにさまざまに現れます。

自分の身を守ってくれるものは自分でもあります。

備えあれば憂いなしではないですが損害保険を考えるにはもっとも適した言葉だと思います。

例えば自分の身の回りにはどの様な危険があって、そのうちのどの危険から身を守りたいか、

どの様な補償が必要なのかを考えなければいけません。

病気・死亡・介護・盗難・交通事故・災害など、考えただけでもかなりのリスクがこの世の中には存在します。

そこで損害保険とは、この身の回りのリスクに対して備える為の保険とも言えます。

損害保険とは、偶然な事故(自然災害・火災・自動車事故・海難事故などなど)により損害が発生した際に補償する保険です。

火災保険や特に日本は地震国ですので地震保険とかもあります。

自動車保険はもちろん、それにもとずく自動車事故で起きた個人賠償責任保険や普通傷害保険などもです。

一般に損害保険の加入方法は、損害保険代理店だけでなくディーラーなどを利用して加入する、

新聞または広告やインターネットでも保険の広告が宣伝していますので、

どれが自分に適しているかを相談しながら加入するのが一般的です。自分の身を守るのは色々な方法がありますが

損害保険もそのひとつではないでしょうか?損害保険の基礎知識としては以上になります。