保険会社が予想する損害率

損害保険というのは損害保険会社が取り扱っている保険商品の総称です。

一般的には損保と省略して呼ばれることが多いです。

風水害などの自然災害や自動車の事故など、偶然起こった事故により生じた損害を補償することを目的としており、

その損害保険会社が予想する損害率によって損害保険料が定められています。損害保険というのはおおきく2つに別れていて、

「ノンマリン分野」「マリン分野」という種類があります。

ノンマリン分野というのはさらに火災保険、自動車保険、傷害保険、所得補償保険、医療費用保険、介護費用保険、

賠償責任保険といった風に分けられています。そしてマリン分野というのは海上保険を指します。

われわれが生活していて触れる機会のある損害保険はノンマリン分野の方が圧倒的に多いです。

自動車を運転する人は自動車保険に加入していますが、その中でも自賠責保険というのは加入の義務があるからです。

さらに家にも万が一に備え保険に加入している人は多いです。

2011年3月の東日本大震災をきっかけに地震保険の見直しをされた人も多いのです。

ただこの地震保険は単独の加入はできず、住宅火災保険などと併せて加入することが条件になっています。

他にも海外旅行など長期間の旅行を計画しているのであれば旅行傷害保険などの見直しをすることも大切です。

日本では全ての損害保険に保険業法を根拠としています。金融庁によって監督されており、

個人にも法人にも多種多様な取り扱い商品があり販売されています。