リスクに対応した保険商品

偶然の事故が起きたことで発生する損害の補償をする損害保険には災害や事故、費用、損害賠償など、

日常生活の中に潜んでいるリスクに対応したあらゆる保険商品があります。損害保険には大きく分けて、

自動車保険・火災保険のようなノンマリン分野とよばれるものと、貨物保険・船舶保険のようなマリン分野の2つがあります。

ノンマリン分野には車に関するリスクに備える自動車保険、火災や地震などの災害を始めとする住まいと生活の

リスクに備えるための火災保険・地震保険、ケガや病気などによる病院への入院や通院、旅行などのレジャーにおいての

事故等のリスクに備える傷害保険、他人に負わせてしまった損害を賠償するリスクに備える賠償責任保険、

ケガや病気等で収入が得られなくなったときに所得補償する保険、高額な医療費用の負担が発生したときにそれを

てん補し軽減する医療費用保険、老後の生活にかかる費用の負担に備える介護費用保険や年金払積立傷害保険、

日常生活のリスクに備える積立火災保険・積立傷害保険、財形貯蓄傷害保険などがあり、生活に関係しているもの多いです。

対してのマリン分野は海上保険と呼ばれ、貨物の輸送中および保管中の偶然な事故によって生じた損害をてん補する

貨物保険と船舶の事故に伴う損害のリスクに備える船舶保険を合わせたもので、海上危険による損害全般を担保する保険です。

現在では海上輸送だけではなく貨物輸送全体の損害をカバーするものになっています。同じ損害保険でもノンマリンの分野

の保険と比べて、一般の生活にとってあまり身近なものではありません。