大きく3つに分かれる保険

保険というのは3つに大きく分類されています。まず一つめは生命保険で、人の生存や死亡に対しての保険です。

そして二つめは損害保険で、決められた一定の偶然によって生じる損害に対する保険です。

そして三つめは生命保険と損害保険以外の保険ということになります。

暮らしを支えているという点では全て大切な保険ですが、偶然に起こってしまう事故や災害に対してわれわれだけで

対処するのは非常に難しいです。

その偶然起こる損害に対する保険に加入することでより豊かな安心を手に入れることができるのです。

この損害保険というのは日常生活に安心をもたらせてくれるので、扱っている保険内容の種類がとても多いです。

まず自動車保険です。これは自動車を運転する人に加入が必須とされている「自賠責保険」、そして任意保険もこれにあたりま

す。さらに住まいの保険として住宅火災保険、住宅総合保険があります。

これは火災や落雷などの災害によって建物や家財道具に損害があった場合に補償してくれます。

そして地震保険はその名の通り地震や地震による津波などで建物や家財道具に損害があった場合に補償してくれます。

ほかに体の保険として傷害保険、医療保険があります。急な怪我や病気、それに伴う入院の補償です。

そして旅行傷害保険では旅行中の怪我を補償します。そのほかにも所得補償保険といって怪我や病気で就業不能になった場合の

所得の損失を補償するものや、個人賠償責任保険といって、損害を他人に加えてしまった場合に補償してくれるもの、

他にゴルファー保険、スキースケート保険といってスポーツの最中に怪我をした場合などに補償してくれる保険もあります。

このようなたくさんの種類の損害保険が存在します。